Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Huluの解約続出の原因は、2017年5月のリニューアル事件だった

Hulu

「Hulu 解約」と検索すると、「Hulu 解約 続出」というサジェストキーワードが出現します。

また、当サイトにも「Hulu 解約 続出」というキーワードでの訪問が多数あります。

これだけ見ると、さも【今現在、Huluを解約する人が続出している】かのようの感じますが、これ、実は2017年5月に起こったリニューアル解約事件(←勝手に命名)の出来事です。

Huluが2017年に大幅リニューアル

Huluは2011年9月に、Huluジャパンとして日本市場で動画配信事業をスタートさせました。

そして、2014年4月に日本テレビ放送網の傘下に入り、日テレドラマの見逃し配信を中心に、右肩上がりで会員数を伸ばしていきました。

そしてそして、2017年5月にHuluの大幅なリニューアルが行われたのです。

リニューアル内容

リニューアルされた内容は以下の通りです。

・リアルタイム配信がスマホやタブレットでも視聴可能
(それまではPCのみ視聴可能だった)
・1アカウントで最大6人の利用者登録が可能
・リアルタイム配信やオリジナルコンテンツの充実
・日本独占最速配信のHuluプレミアム作品の充実
・リコメンド機能のグレードアップ
・おススメ動画など特集枠の設置
・通信量セーブできるよう画質設定が可能
・再生中の通信容量が表示される機能追加
・著作権保護のセキュリティの強化

これだけ見ると、Huluの機能がかなり充実して、同じ月額料金で使い勝手が大幅にアップした!というように思えるのですが、実は、このリニューアルには大きな大きな障害があったのです。

それが、著作権問題です。

Hulu対象外となる機器の出現

Huluは、著作権保護の観点からコンテンツの不正コピーを防止するためセキュリティを強化しております。
パソコン(ゲーム機など)をディスプレイにつないで視聴していたお客様は、 VGA端子などのアナログ出力での再生が出来なくなっております。
大変お手数をおかけしますが、HDCP対応のモニターやケーブルで接続をお願いいたします。
※HDCPとはデジタルコンテンツの不正コピーを防ぐことを目的とした著作権保護の技術です。

引用 Huluヘルプセンター引用

Huluの大幅リニューアルの最大の肝は、動画をコピーされて海賊版として出回ったりするのを防ぐ、著作権保護の技術の導入です。

今まではアメリカHuluのシステムを使用してきたのを、日本オリジナルのシステムに一掃することになり、その為には各コンテンツプロバイダーと再度契約を結び直すことが必須となりました。

そして、その再契約の際に最重要項目として挙げられたのが、作品の著作権保護に対する問題です。

作品の著作権が脅かされることのないよう、著作権保護技術に対応したHDCP対応機器を通してのみ動画が視聴できるというシステム変更を余儀なくされたのです。

よって、今まで見れていたのに、リニューアル後からはHDCP対応してない機器ではHuluが見られないというユーザーが多発したのです。

私もその1人でした・・・(涙)

いつもタブレットでHuluを楽しんでいたのですが、リニューアルされてからは、アンドロイドのバージョンが対象外となってしまい、「お金払ってるのに動画見れなくなったじゃん!!!」と。

「改悪じゃん!何してくれたん!!」と怒り心頭でしたね~。

たまたまスマートフォンのAndroidバージョンが対応バージョンだったので、解約することはなく、小さなスマホの画面でHuluを見ることにしました。

後に、テレビをスマートテレビに買い替え、新しいタブレットも購入したので、今現在もHuluを使い倒していますが、昔のタブレットで見れなくなった時には、「解約してやる!!」と思ったものです。

私の場合は、他に対応機器があったので良かったのですが、そうでない人は、【今まで見れていたのに、ある日突然急に見れなくなった!お金払ってるのに!!】となるわけで、それはもう【Hulu改悪解約事件】でしかありませんでした。

実際、リニューアル後は3,783人の解約者を出しています。

これが、「Hulu 解約 続出」の答えです。

リニューアル後のHuluの推移

引用 2018年度第1四半期 決算説明資料

リニューアル後のHuluの有料会員数の推移ですが、リニューアル時は一時的に3,783人が減少しましたが、2017年9月には1,554,445人に回復し、2018年第1四半期には約1,719,849人に増えています。

これは、リニューアルで強化されたオリジナルコンテンツ作品の配信が大きく影響しています。

直近で特に影響があったのが、引退を表明した安室奈美恵のHulu独占オリジナルドキュメンタリーです。配信が開始された当日に、その日だけで12,000人を超える新規登録がありました。

また、社会現象ともなった日本テレビドラマ「3年A組」のスピンオフドラマや、高視聴率&高評判のドラマのオリジナルストーリー動画配信も、2018年後半期の登録に大きく影響していると思われます。

まとめ

Huluの解約が続出した理由は、2017年5月に実施された大改革リニューアルによるもので、それも一時的なものであったということがお分かり頂けたかと思います。

当時は本当に「解約してやる!」と思ったのですが、今となっては、解約しなくて正解だったな~と思っています。

私がHuluを使い続けて良かったなと思う点や、Huluをどんな使い方をしているのか等も書いていますので、良かったら参考にしてみて下さいね。

コメント